待ち合わせの場所も慎重に!

デートをすることになれば、まず気を付けたいのが待ち合わせ場所の設定です。
出会い系で知り合ってデートするということは、初対面ということですよね。

それを強く意識した待ち合わせ場所を設定しないと、“ダメ男”のレッテルを貼られてしまいかねません。
それは避けないといけないので、待ち合わせ場所を適当に決めるのはやめておきましょう。

・比較的人通りが多いところ
・分かりやすい目印があるところ
・女性の年齢層や趣味などから外れていないところ

待ち合わせ場所を決めるときに意識したいのは、上の3つです。

人通りが多くないと、女性は安心して初対面の男性と会えません。
閑散とした場所や裏道なんかで会うのはNGですよ。

逆に、人通りが多すぎるのもダメですね。
お互いの顔などをハッキリとわかっていないわけですから、あまりにも人でごった返していると見つけるのに苦労します。
出会えた頃にはクタクタになってしまうこともあるので、それなりの人通りのところを選びましょう。

加えて、目印は必須。
銅像なのかお店なのか駅なのか、それとも置物や看板なのか。
いろいろ考えられますが、すぐに見つけられる目立った目印のあるところを選ぶようにしてください。

例えば、女性が30代なのに10代の若者ばかりがいるような場所で会うのは、ちょっと無理がありますよね。
逆も然りです。

男性しかいないところも避けるべきだし、洗練された意識高い系の女性とオタクの街で待ち合わせるのも違うでしょう。
相手の年齢や趣味なども考慮して、待ち合わせ場所を選んであげるとポイントがアップしますよ。

出会い系で失敗しないデートスポット

デートスポットは、基本的には相手のプロフィールやメッセージのやり取りの中から女性の趣味や好みを発見し、それに合わせた場所にするべきです。
いきなり会うことになった場合もあるかもしれないので、そんな時でも失敗を回避できるであろうデートスポットを挙げておきます。

・動物園
・水族館
・プラネタリウム
・ショッピングモール
・猫カフェなど動物系カフェ

動物園や水族館は、そこまで頻繁に行かない人が多いので、特に魚や動物に興味がなくても、単純に新鮮な気持ちになることができます。
映画と違って会話をしながら楽しめるのもポイントですね。

ただ、雨の日にはテンションが下がってしまうので、この点だけは注意が必要ですよ。
「猫が好き」などの情報を事前に掴んでいるなら、猫カフェなどもありでしょう。

プラネタリウムも、おしゃべりをしながら楽しめます。
しかも屋内で、天候に左右されません。最近のプラネタリウムは内容や演出も充実してますから、かなり楽しめるはずです。

ショッピングモールは、大抵どんな人でも興味を持てるようなジャンルやブランドが揃っているので、相手の趣味がよくわからなくても場を持たせることができる絶好のスポット!
飲食店もあるところがほとんどですから休憩もしやすいし、無難だけど失敗しにくいデートスポットでもありますよ。

デートスポットの下見は必要か?

デートに誘うときには、できれば行ったことのある場所がいいですね。
もし行ったことがない場所に行くつもりなら、一度下見をしておくことをお勧めします。

「あれ?どこだっけ?」とか「このお店のシステムは…?」なんて、デートの時に男性がおどおどしていたら、女性は「頼りない人」という印象をどうしても持ってしまうでしょう。
それを避けるための下見です!
スムーズに案内したり入店したりできれば、「しっかりした人だな」と思ってもらうことができますよ。

それはすなわち、次のデートに直結するということ!
面倒かもしれませんけど、下見をして、どんな感じでエスコートすればいいのかまで考えておきたいですね。

いきなり宅飲み提案は厳禁?

「一緒に飲みませんか?」という形で出会い系サイト内で誘って、もしOKをしてもらっても、「じゃあ、宅飲みで」と言うのはやめましょう。
デートをして、「このあとちょっと飲みましょう」と提案してOKをもらったとしても、やっぱり宅飲みを提案すべきではありません。

宅飲みは、自分の家だから落ち着けるし、居酒屋さんなんかよりも安く済ませられるというメリットはありますが、女性からすれば下心見え見え状態で、あまり良い印象は与えられませんよ。
むしろ、悪い印象を持たれてしまう可能性の方が高いです。
せっかくデートは上手くいっていたのに、宅飲みの提案一つで全てが終了してしまう危険もあるので、初めてのデートで家に誘うのは避けたいところですね。