出会い系サイト・アプリを利用して恋人ができた件

出会い系を使ったことがない人にありがちが勘違いがあります。
「出会い系って出会えないんでしょ?」ということと、「出会い系で彼女を作るなんて、さすがに無理でしょ」ということ。

どちらも、大きな大きな勘違いです!

サイト内のみのやり取りで終わってしまった女性ももちろんいます。
メルアドやLINEを交換して直接やり取りをした女性もいます。
そして、実際に会って遊んだ女の子もいます。

僕がここで最もお伝えしたいのは、『恋人ができたことがある!』という事実です。

僕自身もさすがにビックリしましたよ、まさか出会い系経由で彼女ができるなんて思ってもいませんでしたから。
でも、できました。
別にルックスが特別良いわけでもない普通のサラリーマンの僕でも、出会い系をきっかけとして恋人ができたことがあるんです。

最初は優しくアプローチ

出会い系を使い始めて、いきなり恋人ができたわけじゃありません。
最初はそれなりに失敗もしました。
そこから色々と学び、プロフィールを変えてみたり、ロックオンする女性のタイプを変えてみたり、分析と実践を繰り返したんです。

その結果、最初のアプローチがものすごく重要だということに気づきました。
プロフィールをいくら印象良くしても、最初のアプローチが下手くそだったら返信なんて来ません。

まずは、何よりも挨拶!
これです。

いきなり馴れ馴れしく話しかけるのではなく、優しさと礼儀正しさが出るような挨拶を心がけました。
実際に、丁寧な挨拶を省いたメールには返事が来ませんでしたから。
そして、独りよがりな内容にしないこと!

これも大事。
僕は、相手のプロフィールなどをよく読み込んで、趣味や好きなこと、男性の好みなどを汲み取った上で、それに触れる形でアプローチしていきましたよ。

こうすることで、「この人は自分に合うかも」とか「手当たり次第、女の子にアプローチしているわけではなさそう」という好印象を抱いてもらうことができるんです!
実際に元カノからも、「誠実そうだったし、相性良さそうだったから返事した」と言われました。

最初のアプローチは本当に大事だから、僕もめちゃくちゃ工夫しましたよ。
女性側に合わせて、自分の主張や目的を伝えるのは、とにかく後回しにしたことが、結果的に彼女ができることにつながったと確信しています。

受け入れてくれていると思えたら積極的に!

アプローチに成功したら、メッセージの交換ができるようになります。
ここまでくると、結構直接会ってくれるものです。

もしデートをすることができて、それが2回、3回と続いて、さらには相手の女性から頻繁にメールが届いたり、「また会いたいと思ってくれてるのかな?」という雰囲気を感じたら、いよいよ告白の準備をしましょう。

女の子の方から、「次はいつ会えますか?」とか「今度、〇〇に行きませんか?」なんて誘いが来たら、それはもう告白の絶好過ぎるタイミングです!
完全に自分のことを受け入れてくれているってことなので、積極的に告白まで持っていってください。

僕も実際は、そんな状態になりましたね。
日常的に向こうからメールを送ってくれたし、「〇〇に行ったことってあります?」っていう、デートの誘いとも取れるようなメールももらいましたから。

出会い系で会ったという事実が頭をよぎりはしましたけど、そのような状況になったので、もう気にせずに告白してみようと思ったら成功したっていう感じです。
「付き合ってみません?」といった、とてもシンプルな告白をしました。
ノリで付き合った感覚も、お互いにあったかもしれませんね。

このタイミングを逃したら、相手がスーッと嘘みたいに離れていく可能性も出てくるので、チャンスだと思ったら積極的にアタックするようにしてください。

出会い系をやる女性は留めておくことが大変?

僕が出会い系をやって彼女を作ることができたのは、大前提として、彼女がいなかったというのが大きいです。
まあ、当然なんですけど。

だから出会い系で女性を選別しながら、返事をもらうことに集中しつつアプローチすることができて、デートも重ねて恋人同士になることができたんですよね。
ただ、長続きはしなかったです。
現在も彼女なし!の状態ですよ。

出会い系をきっかけに誕生したカップルが、そのまま結婚するケースもありますけど、僕らはそうはならなかったです。
出会い系をやっている女性からすれば、「もっと良い男性がいるかも」と思うのかもしれません。
女性の方が、いろんな男性と出会いやすいのは事実ですからね。

あと、僕らみたいにノリでお付き合いするケースもあるから、それも長続きしない原因の一つにはなっているんでしょう。
絶対とは言えませんけど、出会い系をやっている女性が彼女になってくれたとしても、その状態をずっと継続させるには相当の努力を注ぐ必要がありそうですね。