出会い系詐欺の手口とは?

僕は、このサイトを通じて、「出会い系サイトの本当のところ」を伝えたいんです。
なのでポジティブな情報だけじゃなくて、ネガティブな情報もちゃんと伝えることを心がけています。

ぶっちゃけておきますが、出会い系サイトには詐欺も横行してますよ。
これが絶対に無いなんて、そんなことは言いません。

出会い系詐欺の手口は、以下のようなものが多いです。

・無料サイトに登録したのに有料になっている
・芸能人やアイドルなど有名人を語ったメールが届く
・「会うためにはお金が必要だ」と言って振り込ませる

女の子と出会いたいという気持ちが強過ぎると、こうした詐欺的な行為に騙されてしまうことになるでしょう。
注意しておきたいですね。

無料サイトから有料サイトへは、勝手に登録されてしまうこともあれば、誘導されることもあります。
いずれも詐欺の可能性高めなので気を付けてもらいたいところ。

会うために最初に2万円や3万円といった金銭を要求してくるケースは、振り込んでもほぼ会えません。
その後、音信不通になって終わりです。

出会った当初は愛想がよかったのに…なんてことも

出会い系サイトやアプリを通じでリアルで会えたからって、それが詐欺では無いなんて断言できませんよ。
実際に会えたとしても、そのあとに相手が本性を現すことだってあるんです。

例えば、出会った当初はとても愛想が良くてニコニコして楽しい時間を過ごしてくれていたのに、何度も会うと、そのうちお金を要求してくるようになる、なんてケースも考えられます。
実際にありますしね。
結婚詐欺的なものによくあるんですけど、出会い系でもまあまああるパターンなので、初対面の相手を簡単に信じ込んでしまうのは避けましょう。

お金を渡さなかったり、「いや、今はお金無いから」などと言って断れば、急に愛想が悪くなったりします。
これも結局、音信不通に至ることも少なくありません。

それはそうですよね、相手の目的はお金を騙し取ることですから、お金が無いとわかれば、いつまでも愛想を振りまく必要なんてないんです。

騙されたと感じた時にはもう遅い?

「どうしても女の子と会いたい」とか、「これまで通り仲良くしていてもらいたい」という気持ちが強過ぎると、詐欺だと思いたくなくて、お金を払ってしまうこともあるでしょう。
「まさか騙されているはずがない」と、脳が思い込んでしまうこともあります。
特にメールの内容がとてもリアルだったり、実際に会ってくれたりしていれば、「お金で全てが解決できる!」と考えてしまうのも仕方がないのかもしれません。

悪質な詐欺だと、「前の彼氏に脅されてる」、「会社にお金を払わないといけない」、「親が借金をしている」などという理由をつけてお金を要求してくる場合もあります。

同情してお金を振り込んだり渡したりした後に音信不通になり、そこで初めて「騙された!」と思うんですけど、正直このタイミングで気付いても、もう遅いです。
そのまま泣き寝入りで、渡したお金もほぼほぼ戻ってはきません。
相手が詐欺師であれば、証拠などもあまり残していないですから。

諦めるしかないケースが大半なので、やっぱり詐欺には最初から気を付けないといけませんよね。

詐欺にあってしまった場合の対処法!

詐欺を働く人というのは、とても用意周到に、いろんな作戦や対策を練って、出会い系を使っている男の人を騙してきます。
なので泣き寝入りするしかないケースが多いんですけど、それでも詐欺に遭ったと確信している場合には、誰かに相談することをお勧めします。

そうですね、やっぱり弁護士さんが一番ですね。
相談料などもかかるし、裁判になれば調査費や裁判費用などもかかりますが、もし上手くいけば、そうした費用も詐欺を働いた本人に負担させることが可能です。
仲の良い友人などでもいいですし、ひとまずは国民生活センターに相談してみるのもいいでしょう。

相手が証拠を残さないようにしているとはいっても、メッセージなどのやり取りはしているはずです。
そうした履歴などが残っていれば、そこから相手へと辿り着く可能性はゼロではありません。

個人では難しいですけど、弁護士であれば情報開示請求などによって相手が誰だったか追跡できる可能性もあります。
諦めてしまうのは、それからでも遅くはないはずです。

サイト側が意図的に騙そうとしていた場合には、サイトの運営者に対して返金請求できるケースもあるので、この場合も弁護士などに相談し対処してもらうようにしましょう。